生活習慣病と食事

 

生活習慣病と食事については、密接な関係があります。生活習慣病の原因として食事をあげることもできますし、また生活習慣病を予防することとして、食事をあげることもできるので、生活習慣病にとって、食事というのは、とても大切なことであるということに違いはないのです。生活習慣病になる食事というのは、例えば、カロリーが高い、高カロリーな食事ばかりを食べているとか、脂肪がつきにくいような食事なども生活習慣病になりやすいです。栄養バランスが偏っていることで、生活習慣病につながりますので、バランスのいい食事を心がけることも大切です。
では、生活習慣病を改善させる、予防するための食事というのはどのような食事になるのでしょうか。生活習慣病を予防するための食事としては、先ほども言いましたが、栄養バランスが整っていて、カロリーなどにも気をつけながら食べることが大切です。動物性脂肪よりは、どちらかといえば、植物性脂肪を摂取したほうがいいですし、そして肉よりは魚、野菜中心の食生活にしたほうがいいでしょう。
昔の日本では、生活習慣病の患者というのは少なかったのですが、ここ数年で増えていることには、食事の変化が挙げられますから、食事を見直すことが、生活習慣病を未然に防ぐことにもつながりますし、発症してしまっているという場合には、改善することにつながるのではないでしょうか。生活習慣病予防や改善には、毎日の食事の見直しから、まずは始めるようにしましょう。

生活習慣病と遺伝

 

生活習慣病は遺伝すると思っている人は多いと思いますが、実際のところは、生活習慣病が遺伝しているのではなくて、同じ生活習慣の中で暮らしていることで、親と同じ生活習慣病になってしまったりすることが、あります。これを遺伝が原因だと思っている人は多いのです。生活習慣病は遺伝するのではなくて、親と同じ生活をしていることが原因で、生活習慣病を発症してしまっているのです。
最近は子供でも、生活習慣病にかかるという人はとても多いと言われていますが、これは単に、親と同じ生活をしていることがきっかけで、生活習慣病を発症しているのです。睡眠時間や運動不足などは親と環境が違っているとしても、食べているものによって、生活習慣病を親子で発症することはあります。
生活習慣病の原因である食生活習慣ですが、例えば、栄養バランスが整っていない、カロリーの高い食べ物ばかりを食べている、脂肪が多い食べ物を好むといった面で、同じ食事をしていれば、子供も生活習慣病になる可能性は高いのです。
生活習慣病というのは、生活習慣がきかっけで起きているので、それは、遺伝しているのではありません。もしも遺伝が原因で、生活習慣病にかかっていると思って、これは遺伝だから仕方がないと思っている人がいれば、それは間違いです。生活習慣病は遺伝だからと言って何もアクションを起こさないのではなくて、十分に改善したり予防したりすることは可能ですから、アクションを起こすようにしましょう。

生活習慣病と運動不足

 

生活習慣病の原因の一つには運動不足があるといわれていますが、なぜ生活習慣病の原因として運動不足が挙げられているのでしょうか。その理由としては、やはり運動不足で、食生活のバランスも崩れていて、高カロリーなものばかりを食べているというのは、脂肪が蓄積されて太る原因です。肥満になれば、メタボリックシンドロームになり、肥満自体が、もう生活習慣病の一つですから、生活習慣病を引き起こしていることになるのです。
運動不足が肥満やメタボリックなどの生活習慣病を引き起こし、さらに肥満になったことで、糖尿病や高血圧などにもなる可能性も高くなりますので、生活習慣病がさらに拡大していく可能性は否定できません。運動不足の原因としては、交通の便が便利になったことなどもあると思いますし自動車が普及したことなどが背景に挙げられますが、生活習慣病にならないようにするためには、やはり普段から歩く、走る、適度な運動はつづけた方がいいでしょう。
忙しくて特に毎日の生活の中で運動をする時間を取ることが出来ないという人の場合でも、手軽に運動を取り入れることは十分に可能です。例えば、生活習慣病予防に、普段はエレベーターを使っていた場所を階段を利用するとか、駅までバスを利用していた人は、歩いて通うなど、少しでも毎日の生活の中で、手軽にできる運動を取り入れるだけでも、生活習慣病予防につながりますから、ぜひ一度生活習慣病を予防するためにも、見直しが必要です。